×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

豊橋筆の歴史

豊橋筆とは

豊橋筆は、愛知県豊橋市近郊(田原市・豊川市)などで生産されている伝統工芸品で、主に書道用としての用途の他、日本画用、工芸品用、化粧用など使い方に合わせて何百種類以上もの筆が作られています。

筆の生産量では広島県の熊野町の熊野筆についで全国シェア第2位ですが、書道家向けの高級筆として全国有数の生産量を誇り、年間およそ180万本が全国で販売されています。

豊橋筆とは

豊橋筆の沿革

豊橋筆の歴史は、1804年(文化元年)三河吉田藩(豊橋藩)の藩主が、京都の職人鈴木甚左衛門を、藩のために筆を作る御用筆匠として迎えたことが始まりとされています。

その後、筆の製造は下級武士の副業として取り入れられたことと、穂首の原材料となる狸、イタチなどの獣毛が容易に入手できたことなどから、産地として発展しました。

豊橋筆の沿革

明治に入り、芳賀次郎吉が従来の芯巻筆を改良して水筆(現在の毛筆)の製法を広め、その弟子、佐野重作がさらに改良。
また多くの弟子を養成するなどして、今日の豊橋筆の基礎が形作られました。

1976年(昭和51年)には経済産業大臣の伝統的工芸品の指定を受け、現在に至っております。

豊橋筆の沿革

豊橋筆の製造工程について

豊橋筆は他の筆と比べて墨になじみやすく、滑るような書き味が特徴です。
これは穂の長さや太さ、毛の硬さや弾力の違いのある毛を使い分け、水を用いて混ぜ合わせる「練り混ぜ」と言う特殊な技法によるものです。

選別→毛もみ→寸切り→練り混ぜ→上毛(うわげ)かけ→仕上げ→刻銘(こくめい)という複雑な作業を、すべて手作業で行っており、書道家など筆の専門家から書き味や品質の良さについて、高い評価と信頼をいただいております。

練り混ぜ・さらい・芯立ての作業を動画でご紹介

筆作りの工程は約36工程です。
大きく分けると、原料となる毛をより分け、毛もみをし、練り混ぜて毛を整えていきます。毛並みを揃えて芯を作りその外側に上毛(うわげ)として揃えた毛を巻き付け、軸を付け、軸に彫刻を施して完成します。

豊橋筆の作り方の特徴は「水を用いて練り混ぜ」をすること。
長い歴史の中で培われた伝統的な技術・技法を受け継いだ、手作りによる優秀品ばかりです。